​ラボ日本語教育研修所

開講日程

2021年11月8日~11月29日 毎週月曜日 全4回

17:30~20:20(80分×2)

主催:ラボ日本語教育研修所

​受講料:14,000円(税込み)



​​※講座はZOOMを利用し、オンラインで行います

 
Image by Danielle MacInnes

中上級レベルの「文法の授業」

ー 教案 ⇒ 授業 ⇒ テスト ー

​日本語教師スキルアップ オンライン講座

11月8日(月)

「文法の授業」とは

    ●「文法の授業」とは何か
 ●「理解文法」と「産出文法」
 ●文型の分析をしてみよう

講師:黒崎亜美

17:30-20:20

11月15日(月)

教案を作成する

    ●文法の教案に必要なこと
 ●例文を考える
 ●文法の授業の流れ

講師:黒崎亜美

17:30-20:20

11月22日(月)

授業に必要なもの

   ●文法の授業に必要なこと
   ●「文法」とノート
   ●練習を考えよう

講師:黒崎亜美

17:30-20:20

11月29日(月)

「文法の評価」

 ●テスト・評価を考える
 ●文法の授業の応用
 ●アクティブラーニング

講師:黒崎亜美

17:30-20:20

 

講座の内容

 中上級のクラスでは、日本語能力試験(JLPT)対策の一つとして、文法の学習に多くの時間を割くこととなる。文法のテスト対策のためだけではなく、読解・聴解などの理解度を高めるためにも、文型文法は重要なファクターである。また、日本留学試験(EJU)の記述問題においても、これらの文型を使用できることで、効率よく事象の説明や自分の意見の主張などができるようになる。しかし、意味だけを導入しても、学習者は、表層的な理解にとどまり、使用することは困難となる。
 そこで、教える前に教師は、どのような準備が必要なのか、また授業の時に、どのような工夫をすることで定着度を上げることができるのか、また、練習や評価などにどのような方法があるのかを考える必要がある。
 今回の講座では、学習者の文型文法の習得の助けとなるための授業を考える。授業前の準備はどのようなことが必要か、授業の進め方、板書、練習の方法、さらにテスト作成を考える。文法の授業の一連の作業をたどることで、中上級の学習者が文型の習得をする過程で、教師がどのような支援ができるのかを、受講者とともに共有していく。

​こちらもご覧ください ⇒